日遊協 独自研究機「CRAA」の進捗状況示す



日遊協=会長/深谷友尋氏=は3月18日、第6回定例理事会終了後の記者会見で、独自研究を進めている「1円パチンコ」のエッセンスを持った「4円パチンコ機」(通称CRAA)に進捗状況について、「2メーカーで試作機をお願いしている。5月20日で開催される委員会での試打会以降、実質的内容がまとまる。今年秋口には披露できるのではないか」との見通しを明らかにした。

通称「CRAA」のスペックについては、去る16日開催された日遊協・東京都 関東支部「総会」で一部明らかにされたが、そのスペックは、初期投資金額は2650円。初当たり確率は1/50・大当たり回数は74回、初当たりで得られる出玉は657個などとなっている。